やっと会えたね、まだまだ繋がる新しい世界


先月、「やっと会えたね、繋がりはじめていく感覚」というblogを書いたばかりですが、この夏の日蝕・月蝕・日蝕という何かとても強いエネルギーの中で、まだまだ不思議な出会いは続いています。東京を歩きながら、このたくさんの人混みの中ででも、深い部分で繋がっている人たちと出会える奇跡は、言葉ではとても言い尽くせません。



イギリスのグラストンベリーをきっかけにTwitterで繋がった女性と、先日はじめてお会いしました。1つしか年齢も違わず、思った通りのステキな女性。お仕事さえも似ていて、話しはじめてすぐにシンクロの奇跡が続くので、一体自分がどこの次元を行き来しているのか

お互いで目眩がしていました。


半年前から会う場所は、お互いに約束してました。AUX BACCHANALES GINZA。それとは別に、エジプトのTwitterを通して繋がった男性や、イギリスのストーンヘンジを一緒に

旅したお友達とも奇跡みたいな繋がりがあって、とても書ききれない不思議な現象が起こる夏。グラストンベリー、エジプト、日本、そしてレムリアの記憶。もしかしたらですが、はるか昔にも一緒にいて、同じ世界観を生きていたのかもしれないと思えるほどの出会いは、

SNSの発達で実現可能となっているのです。



やっぱり繋がっていたんだね、出会えて嬉しいね。そんなガジュマルの木。お互いのエネルギーを、離れていても感じ合っているこの暖かい感覚をもたらした平成最期の夏。

Instagramでの出会いでも、同じ世界観を愛する人たちが世界中でコメントし合って繋がっていきます。


発信しよう。どんな未来を描いてて、何が好きで、何が大切なことかを。

そうして想いが繋がっていく。発信が得意でなければ、コメントやフォローで繋がっていけます。次第に想念エネルギーが大きくなり、未来は予想外な展開にだって開いていけるはず。



MAMI



↓出会いのきっかけとなったブログです。グラストンベリーにご縁がある人には、響くのかもしれません。