「Don't Emotionless 」

今年、私の中で様々な変化がおこっていて


その一つは

この身体のすべてが

感受性の媒体なんだということ


それは仕事を通じて起こりました

オペラシティ東京で音を奏でる樫本大進さんの姿を見ながら


わたしはいつのまにか

この世の美しいあらゆるものを

ステージの上でめくるめく回想をしていて


同時に、細胞や脳内がどんな動きを起こして

自分のエネルギーがどう変化するかを客観的に意識しながら

全身で音を感じることに集中していました。


そして彼が弾く姿を見て

身体すべてを音を奏でる媒体にしているようだ。


そう思った時、頭の設定が書き換わり、

今まで、服、鞄、靴、インテリア、車、自然など

あらゆるエネルギーを感じてはいたけれど

いや、この身体全部が感受性の媒体なんだ。とはっきり自覚したことで

より感覚がセンシティブになり、その感受性の媒体をもった身体に、今まで以上の喜びを見出すようになりました。


何かを感じるために身体をつかって生きている

それを明確に理解した喜び


だから感じることに遠慮する必要はない


この世を去るときに思い出すものは

喜びや感謝、という感情だけかもしれない


感受性と美について考えること

なんて壮大なテーマなんだと

自分でも怖じ気づく


だけど、またいつか生まれ変わって地球に遊びにくるなら

美しいものは、愛でできている

と皆が知識としても感覚的にも知っている未来だと、なんだかとても嬉しくなる。


そのために伝える


美を感じるとは、愛を感じることであって

それは何気ない日常の中にも

自然の中にも

人が作りだしたものの中にも感じれること


感じることを、知ってほしい



必需品の香水


パッケージの美しさも、手に取る人に喜んでもらいたいという愛によるもの。

だから美しいものを生み出すということは、愛をカタチにしているに等しい。

神様がこの世に花をデザインしたように。