美しい世界か 光のない世界か

今、目の前に見えている現実は

自分が意識したことが

映し出されているホログラムのスクリーン


だから実際は

人それぞれが全く違うものを映し出して見ているわけで、

私が見えている世界は、未来に存在している美しい世界


ニュースとか見ないし

事件とか知りません

それでも

仕事はあり、何も困ることはなく生きています。


ホログラムみたいな世界だから

見ようと思う世界が

3次元的に映し出されるだけの話です。


美しい世界か

孤独な世界か

喜び合う世界か

心が穏やかな世界か


自分で見たいものが見れるだけです。


そのベースを知った上で

思考を軽くする練習が、ちょっと必要です。

重い思考は、不安や嫉妬や焦り、怒りとかを表します。


それらを軽くするには

本とかセミナーでも簡単に学べます。


私の場合、ある日ふと

怒りの感情を失いました。


怒りってなんだっけと思う日がきたのです。

それは驚くべく突然のことでした。


きっと、わたしが見たい世界ではもうないから。


インドネシアの無人島へ。



獅子座満月の日、母と電話をしました。ちょっと勇気を出して聞いた質問が、思いがけない流れに。私の感受性の強さは、母から譲り受けたものだけではなく、祖父からも譲り受けているのだということ。そして母は自分の感受性の強さから起こる「怒り」という感情にどう対応したらいいか悩んでいたということ。私はそれを会話の中から感じ取り、胸の真ん中が、どうしようもない程にものすごく熱くなって、涙をこらえるのに必死で会話を続けていました。


母はずっと悩んでいたのです。なぜこんなにも「怒る」のかを。その悩みを知り、私は2月に入って2度目の、過去が光に変わっていく体験をしました。


そして母は私に言いました。

「あなたは、その感受性の強さを、良い方向に生かしなさい」と。