よかさ、よかさのおおらかな街に投下されたということ


長崎の人がよく言うセリフ


「よかさ、よかさ」


おおらかで、寛容、優しい街


被爆者である祖母もよく言ってました


「よかさ、よかさ、なんでんよかさ」


中華街もあり、

西洋のオランダ坂もあり

和の坂本龍馬に、眼鏡橋


いろいろ混ぜこぜ

「なんでんよかさ」の街


ちゃんぽんの由来も

まぜこぜって意味なんですよ。



そんな、おおらかで

いろんな文化と

様々な人種を受け入れてきた

こころ、優しい街の真上から

原爆は落とされました。





それから私たち日本人が

ずっと行ってきた行動は



反撃することをせず

伝え続けるということ。





このようなことが
もう2度と
起こりませんように


なんでんよかさ。という言葉は

妥協ではなくて、受け入れるこころの大きさでもあるんだと、大人になってから思うようになりました。ああ、この街は、いろんな人種や考え方を受け入れてきた、こころの大きい街なんだと。


とはいえ、祖母だって、すべてを失いました。


ほとんどの家族も財産もすべて。

悔しかっただろうな。辛い思い出は、一度も聞いたことはないままでした。


これからの時代、様々な考え方、宗教、価値観を、お互いで受け入れあって、結局人々が向かう方向は、喜びとか、愛とか、平和なのだと信じています。


なんだ、皆同じなんだね。

反撃は無意味だね。


そういう意味を込めて

よかさ、なんでんよかさ。みんな平和がよかね。



すべての宗教、芸術、科学は、

同じ一つの木の枝である。

- アインシュタイン -