桜がピンク色で可愛い理由

美しい花

美しい鳥

美しい装飾

美しい服


美しいものは守りたいと感じる


お花を足で踏みつぶして

ぐしゃぐしゃにするとしたらどんな気分?


胸痛むのは、それが神がかって美しく

愛が物質化したものだから



では美しい服を身にまとうとは

どういうことか?


心がほころび

胸が高まり

身体も脳も喜びの感情を味わう気持ちを

味わったことはありますか。



例えば美しい白いシャツ1枚


素材、シルエット、カッティング、縫製の細部に

「美しいものを作ろうという意思」を感じますか?


神は細部に宿るといいます。




桜が美しく目の前に広がるのも、

きっと桜を創った創造主の愛なんだろうなと私は思います。


可愛いピンクの色も、

小さい花びらが可憐に風に舞うのも

やがて地面や川がピンク色で覆われるのも、

すべてが完璧なデザインの一部。



美しさに喜ぶ感受性は、

人の中の神聖さの現れ


誰もが皆、豊かな感性を持っている。

つまり、誰もが皆、神聖な存在なのだと思います。