スタイリング_au 「驚きを、常識に」


an 「驚きを、常識に」


初めてCMのスタイリングに関わらせて頂いた作品でもあり(男性側のみ)全国各地で大きく掲載されました。

広告について私が思うことは

ヨーロッパなどの、広告、CM、ニュース番組においても、スタイリッシュでカッコいいと感じるものが多い一方で、日本ではカッコいいと思えるものが少ないような気がします。海外では体型や年齢、肌の色に関らず、どこかセンスを感じるのです。自分の見せ方をわかっているというか、服も、その人も、CMのトーン全体的にもこなれていてセンスを感じるものが多いです。


カッコいいものは、

見てて気持ちがいいものです。


見ためだけではなくて、仕草、趣とかも含みます。


広告のお仕事でアートディレクターに携わらせていただいたKEITAも、今までのイメージを変えるようなカッコいいものにしたかった。ただそれに集中した。と話してました。


カッコいいとは、一体どうすればそうなるのか。


生き方そのものが、結果的にカッコいいと言われる場合もありますし、日々の努力で意識することによって、いつのまにかカッコよくなることもあります。

入り口は見ためからでも、変化は起こります。


少し前のアナ雪効果のように、「ありのままの〜」ももちろんいいと思いますが、ありのまますぎて、だらしない感じに見えてしまうと、果たしてありのままでいいものか。

美意識は、意識するかしないかの違いです。


タレントや俳優さんだけにその役割を求めるのではなく、世の男性も、もうちょっと意識してカッコつけてみてもいいのではと、思います。カッコよさというものは、色気でもあり、趣でもあります。


男の美意識


最近のテーマです。


カッコいいとは何でしょうか?

意識して生きてみることで、それはあなたの全体に現れてきます。


CM「驚きを、常識に」60秒_YouTubeから