短命なデザイン、長く愛されるデザイン


ずっと好きだったのに

デザイナーが変わって絶望的に響かなくなってしまった。


そこには全く、美しさも愛も込められてる感じがしない。


新しいから最初は注目される


だけど短命


愛が込められているものは

長く深く広がっていくのに。



服やモノを選ぶとき、愛が込もってるかという視点を使うと、それは感情というセンサーを使います。もし、便利か、安いか、だけで選んでいると、感情は無視しているのかもしれません。


何を選ぶかは
どう生きるかと同じこと


商品やサービスを生み出す方も同じです。


もし上手くいってないと感じているなら

もう一度改めて、愛を込める意識をして取り組むことで

見えてくるものがあるかもしれません。


新しくて最初は注目されるものを生み出すのは、簡単なこと。

だけど、長く残り続けるものを生み出すことに、本当の価値がある。


これから先の未来において、

短命なデザインより、長く愛されるデザインを。



ニューヨークのBookMark. ピースフルな本屋さんにて