レイワインフィニティ

私の中での令和は、♾というビジュアルと同意語です!

「22を超えてゆけ」 辻麻里子著という本の中で、妙に「ゼロポイント」という言葉がひっかかり、私はその度に、令和…れいわ、0話、というキーワードが頭の中につきまとっていました。その流れの中で、令和とは、=♾なのだと腑に落ちたのです。


「あらゆるエネルギーをビジュアルに落とし込む」ことをしているのが、日々のデザインの仕事でもあると私は考えていて、「言葉を創る」という仕事でも現実を創造できますが、シンボルを創る仕事においては、さらなる広がりや可能性を視野にいれます。例えば、アップル社のマークについては、「天地創造・すべてのはじまり」を感じます。もの凄い視点だなと驚きました。シンプルに世界に広がっていくのも頷けます。同時に、創世記のお話からしても、知恵の使い方を誤ってはいけない。という暗喩も感じます。



令和、0 れい...

実のところ、0という数は無限を表します。永遠に続く循環の流れがそこにあり、

ゼロは神の力なのだそうです。物質界にある制限からの自由、永遠無限なるものを示し、大いなる全体性すら含まれるゼロ(れい)。


・ゼロは源であり、創造のはじまり

・ゼロは普遍であり、ひとつのものに還っていく

・ゼロには希望があり、可能性の宝庫


また、東洋の哲学において0は「空」くうであると捉えています。「空」くうとは、すべてを内包していて、多様性に満ちたエネルギーです。ある意味、どの数字より強い感じがしますね。


そして次に和、わ=◯

そうです。円という図形もまた、最も完璧で普遍的な形です。すべてのはじまりを表す、これ以上ない図形なのです。宇宙や原子を構成するそのもののであり、原始的なエネルギー、調和の形



れい=0

わ=◯




れいわ♾=インフィニティ



「22を超えてゆけ」の本によると、♾とは、片方の輪が未来を、片方の輪が過去を指し

過去と未来を統合する現在=ゼロポイント

そして、宇宙と地球を統合するもの=人間  と図がありました。



つまり、「れいわ」をビジュアル化したとき、「これから永遠に続く世界への意図」という、とても強いポイント地点であることを示した新元号でもある。

私たち、地球の未来を、この時代に賭けている。祈りの暗号



ゼロポイントである「現在」を生きる私たちは多くの選択肢がある中で、テレビやメディアの情報だけを鵜呑みにしすぎないことが大切です。操作された思考に陥らないこと。想像力を働かせ、多角的な視点で物事を見ること。


想像力の欠如は、地球にとって実はかなりの病気の源です

なにを選択する?どう生きる?こどもたちの未来のために。



レイワインフィニティ ♾=これから永遠に続く世界への意図

日本の新元号は、世界に向けた♾のメッセージ


MAMI∞

🌎Instagram