丁寧に生み出していくデザイン

The role of the work of the day

Thinking


ここ数年ロゴデザインの依頼が続いていて、私たちは独自の切り口で作業を進めてきました。夫がイメージをビジュアルに落としこみ、二人で丁寧に整えていく作業。生み出すまでの会話はこんな感じです。


・ひっかかりを感じないかどうか

・水でいうと、軟水

・とどこおりなく流れていく感じ

・このロゴにすることで、どんな人が集まってくるのか

・投資したい感じが起こるかどうか

・豊かさが湧き出る感じがするか

・豊かで清らかな透明性を感じるか

・世の中に浸透していくイメージ



何度も何度も整えていく作業が延々と続きます。

無駄と紙一重のような果てしない作業で、出来ては壊し、再考していきます。


原型となるはじめの膨大な量のスケッチから。

理論を通して理解する男性的左脳の性質と、どう「感じる」かという女性的右脳の性質を、お互いに鏡写ししていくような作業です。


下の図のように、4つにパーツがお互いに鏡合わせのようになっています。


フラワーオブライフ第一巻P.150図


本来、脳は、男性でも女性でもないわけですが、右脳は女性的要素にあたり、感情的な面やサイキックな面が息付いていて、うまく説明できなくとも「真実」を知っている部分

男性的要素の左脳は、論理性が全面にあり、分裂や分離として物事を捉えます。次第に左脳が一体性を見出すようになると脳梁が開きはじめ、右脳と左脳の統合が可能になり、松果体を今までと異なった形で刺激します。(P.29,30,31一部抜粋)


そうすると、男は男ばかりでつるんでいたり、女は女ばかりで集まりすぎていると、脳機能がやや偏ってしまう可能性もありそうですね。男と女がセクシャリティな部分だけではなく、お互いの違いを理解し合いながら深い部分で繋がることは*木星蠍座の1年にぴったりかもしれません。


ロゴのプレゼンは、「エクセレント!」という反応が飛び交いました。

道が開けるプレゼンを心がけています。



じつは最近、過去生が分かる、すごすぎる方に聞いた話があります。


ご主人のエネルギーをどこに向かわせるかは

真美さんの存在にかかっています。


お二人が共に作り上げていくことで

デザインに愛が強く混ざり混んでいく。

溶けていく。そう感じました。


お二人が、本当に、

痛いほどピンと張りつめた空間?

瞑想状態?のなかで、

いつも作業されてらっしゃることを

とても強く感じました。


大変な事ですね。命の作業ですね。

だからこそ、伝わることがあるのですね。


お二人の命をかけた表現が、

沢山の人に届きますように。


真美さんは、金星のエネルギーが強い、

美しいものへ向かうエネルギーが

とても強いです。


そんな言葉をいただき、美しいものへと向かう感受性の強さを自覚させられました。9年前から書いてきた夢からのインスピレーションも、少しずつブログに書いていくことを始め、あやしいと思われる不安を踏み越え、私の要素の1つとして大切にしています。また、目に見えないエネルギーについては、夢の中で可視化して見えた経験があり、テニスボールのような、白血球のようなエネルギーラインや、太いエネルギーラインなどさまざまに自然の中を流れていました。


人間って、見える可視光線はほんの少ししかないですからね。きっと、こういう感じで見える人が、神社とか、海外のパワースポットとか作ったのか。なんてことを思います。


自然の中に存在するファイ比率、人体を取り巻く幾何学。

そういうものって、たぶん調和であり、人はそれを見て美しいと感じるのだと思います。


不調和って、ガサガサしてて、疲れるような、元気にならないというか。

不調和なものは平和を遠ざける要素なのじゃないでしょうか。


美しいものは、見る人に喜びをもたらし、それは平和への架け橋になり得るのだと私は思っています。


Blog by Mami Grace Osada

Please make an inquiry if there are any problems with the content shown on this page.

🌎Instagram

👗Instagram_Fashion