美の哲人のフィロソフィーを感じる食器



私が短大時代に学んだことで

今でも忘れられないこと



それはある先生の最初の授業

50代くらいで、ちゃきちゃきしていて

魅力いっぱいでオシャレな先生



その1番最初の授業でのセリフが

今でも忘れられなくて

ずっと守り続けています



それは



「どんなに忙しい毎日で

スーパーで買ってきたお惣菜の夕食で済ませるときも、

美しい器に盛り付けて、食卓に出すのよ。

一手間かけてあげることを忘れないで」



当時18歳の私には

なんだかとてもステキなことに感じたのです。


きっとその先生がキラキラしていたから

私も真似したくなったのかもしれません。



ステキな大人の女性にお会いすることは

いつでも緊張しますが

多くの学びがあるものです。





久しぶりに全ての食器を買い替えました。

ウェッジウッドから、Diorとクリストフルへ


ウェッジウッドは少しずつ買い揃えてきたのだけど、今回のはGINZA SIXの House of Diorで購入。


良いのはわかるけど、やっぱり高いと、、正直悩みましたが、お仕事柄、ブランドを作ったりディレクションしていることもあり、購入、包装、サービス、すべてを経験するための自己投資。



夫は

食事は毎日のことだから

きっと価値あることだよ。


確かに、日常がこうして変化していくのだなと、実感してきました。


購入後すぐの変化では、

食器棚を綺麗にしたくなったり

クローゼットを整理したり

靴箱を整理したり


自発的に普段目を向けなかったところまで

掃除したくなるものです。


それは普段より背伸びした

ステキな物だから。



商品の値段だけ見て、高いとは思います。



だからこそ、


頂いたお金に感謝し

物を買える喜びに

感謝して過ごすことで

出会う人や起こる物事まで変わってくるから不思議です。


何よりも

その美しさに愛を感じるから。



かつてクリスチャン•ディオールは


「自分自身の個性を反映しない家に住むことは、他人の服を着ているようなもの」


と語ったそうです。


美の哲人の精神が引き継がれたセレクションは

今のわたしに少しでも、

美しさとは何であるか

教えてくれそうな気がします。