花のように香り立つ服


私の愛する人

VALENTINOのCreative Director

Pierpaolo Piccioli(ピエールパオロ・ピッチョーリ)



女性を最上級に美しくし

美しさで愛を届ける


彼が生み出す美しさが

愛だと感じるから

とにかくそれを身にまといたくて

1枚1枚

クローゼットに増やす


愛によるエネルギーを感じるから

私に触れる細胞も喜び

胸の真ん中から喜びが溢れる


幸せなのだ

彼の愛に包まれて

美しくなっていく魔法みたい


彼の服には、香り立つ色気も感じる

香り立つ服というのは

そうそうない


それが現れる服というのは

創る人そのものが、そうだからだと思う


ローマ_スペイン広場(ローマの休日、名シーンの場所🍨)



彼が毎日見ている街の景色が見たくて

ローマに行きました。

オフィスの前まで行き、同じ景色を見れて、同じ空気を吸えたのが嬉しくて、SHOPの人に、日本にファンがいることを伝えてもらえたら嬉しい。と話しをしました😆



私はいつも、これからの地球の未来においても、このような服が存続する意味があるのか?と考えるのですが、必要ない人も多いかもしれません。だけど、スタイリングや撮影で人に着せてみると、驚くほどその人は喜び、輝きを放ちます。


ファッション=装い、オシャレというのはもう古臭い


ここ数年、そう思うようになりました。


服=エネルギー


として考え、


美=高いエネルギー


という概念



オシャレになりたい。というより

"美の感覚を鍛えたまえ" と思うのです。


感覚は、鍛えるものです。


その感覚が増すほどに

エネルギーが高いものを見極める五感が増して、豊かになります。


私の場合、たまたま服ではありますが、部屋の中、パソコンのフォルダ、デスクトップ、カバンの中、財布の中、いろいろなシーンで、美は意識できるもの。


🌟VALENTINO ローマの前🌟

 


まあ、デスクトップとか私もめちゃくちゃになりますけどね💧夫は昔から完璧に美しいので仕事ができるんだよなぁ。早速整理しなきゃ。


ではでは、Ciao! (またね!)