Balenciaga :失われたエレガンス

Balenciaga: Shaping Fashion

at V&A  Museum  in London.



ガブリエル•シャネルは言いました。



「バレンシアガだけが本物のクチュリエだ」



そしてクリストバル・バレンシアガ自身は

こう言っています。



「エレガンスとは、削ぎ落とすことだ」



今のBalenciaga のデザイナーに変わって


私は感じたことのない


怒りみたいな感情と、


こどもみたいに


泣いてしまう悲しい気持ちになった。


震えるみたいに


心が泣き叫んでた。



これからの時代に

エレガントは不必要なのか?



若いオシャレな友達にも

聴いてみた。



その人は、故アレキサンダーマックイーンの

コレクション映像を仲間と何度も見ていると

話してくれた。



そこにはエレガントさと

神秘を感じる。



街中は、ブランドネームが服に張り付いて

品がない傾向が溢れる。



そもそも書いてなくとも、

どこの服かわかるのが

ブランドなのだと思うのに。


それはシルエットに現れる



売れるものを作る


求められているものを売る


やがていつのまにか


感性と知性が


じわじわ溶けていくようだ。


その代償に

表現力も

愛され方も

生き方さえもわからなく退化する



ブランドには、哲学が必要であり


そしてそれを身につける人にも


哲学と知性が必要なのだと思います。


"The master of us all "

From Christian Dior 


『Balenciaga: Shaping Fashion』

at V&A Museum in London. Photo 2017.12.19


今のデザイナーDemna Gvasaliaへの批評ではなくて、彼は、彼自身が考える最高のクリエーションをやっているはずです。

ただ今のバレンシアガには、エレガンスも、美すらも感じないだけです。