CELINE_エディ・スリマン

1月21日、エディ・スリマンがセリーヌ就任のニュースを見てすぐに、

「絶対買う」と決めてしまった私は、

つくずくこう実感しました。


ブランドとは、もはや、作る人ありき


デザイナーによって、ブランドの売り上げに影響するという世界。


実際に、フィービー・ファイロがセリーヌに就任してからの爆発感はすごいものでした。


店舗数と認知度の拡大からして明らか。

彼女の服は、「社会で働く強く美しい女性像」をファッションを通して創り上げた功績があり、そこには明確な哲学がありました。



中でも、人気を博した「クラシック・ボックス」のカバンには一目惚れ。

オシャレ映画「マイ・インターン」でアンハサウェイが同じ色を持っていた思い出も。



パンツスタイルに、サングラスもアンハサウェイぽい?


クラシックなデザインと

メタリックの相反性が気に入って購入した、シルバーとゴールド色。

CELINE_ classic


2000年代初めにDior Hommeを手がけていたエディ・スリマンですが、彼が作るDior hommeの服をカッコよく着たいと思い、シャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドは大幅な減量に成功しました。


服とは、それほどまでに
自らの意識を大きく変容させるもの


2012〜2016年にはサンローランのクリエイティブ・ディレクターであり、メンズが得意な印象はあるものの、型紙の美しさが歴然でした。


アームホール、袖周り、身幅、コンセプトが明確で、エディがサンローランを退任するとき、かなりのファンは、これから何を着たらいいの!!と嘆いたかと思います。


女性ものと違って、

男性のアイテムはベーシックです。


だからこそ、際立つ。

シンプルは一番難しいから。


美しい型紙でなければ、
美しい服は作れない


それはもう何年も

私が目の当たりにしてきたこと。


夫もまた、

「型紙の時点で美しくなければいけない」とよく話していました。


私はOSSA MONDOに入社する際、

型紙の試験を受けたのですが、

テーラードジャケットのデザイン画を描いて、時間内に型紙を引くという試験でした。


一瞬だけ、覚えているシーンがあって

襟のラインの美しさにこだわって1番集中した瞬間。


どうやらそのとき、

夫は採用を決めたそうです。

(なんか、その一瞬だけわかったみたい)

メンズがパワーアップしてる感じがすごくしました。


VALENTINO Fall/Winter 2018-19

一方で、ここ数年、日本では、


ゆるいスタイリングも流行っていました。

それはそれで流れの1つなんだろうけども

ゆるい服ばかり着ていては

生活もなぜかゆるくなります。

食生活も住環境も人間関係も、、。


着る服は、
その人の人生観を表すもの


星的に見ても

山羊座色が強い感じと、

木星蠍座という観点からも

ゆる系ではない気がする。。


だとしたら

もの作りの本質とかいうものをちゃんとわかって、極め続けているデザイナーの服を選択するということも一つの手だと思います。


エレガントな人じゃなければ
エレガントな服は作れないから


蠍座や山羊座的には、

うわついた感じとか、派手な印象よりも、

きちんとしてシックでモダン、知的さ、色気という感じかなと。

色でいうと、黒、ボルドー、茶系、ネイビー、白とかかなと思います。

もちろん個々の星にもよりますが、全体的な空気感はそんな感じ。


私もシックなセットアップとか着たい気分


では


MAMI🖤