闇の中の光の美しさ

スターウォーズを見た影響で、

CHANELのカール・ラガーフェルドを

動画で見た瞬間、ヒゲに驚き、

「レジェンド」と思いました。



レジェンドとは、伝説とか、神話



圧倒的な美の世界を

何十年も守り続けたレジェンド


神に近い


美の神とも言える

 Karl Lagerfeld at the #CHANELHauteCouture



一方で、日本のYohji yamamoto

彼も、Vouge Japanの誌面で

「レジェンド」と書かれていました。


"社会の流れに対する疑問や反対意見を叫び、吐き出すことが僕の服作り"


そう記事に書いてありました。


CHANELが光と美の世界であれば

彼は、

世の中の闇を表現し続ける創造主

写真|http://the-talks.com/interview/yohji-yamamoto/


しかし、

ファッション好きならきっと忘れないだろう

あのコレクション、、、。


1998-1999年

真っ白いステージ

白いドレスと黒いドレス

Yohji Yamamoto

A/W 1998-1999


当時、ファッションを学んでいた私は

店内で実物を見た瞬間

天使がいるかと思いました。


お店の半径15mくらいに

近づき難い服のオーラ


ですが夫は、当時のドレスを購入し

全ての糸をほどいたそうです。。

何十万円もするのに。汗

型紙を研究し、

学校よりも多くのことを学んだと話していました。


Yohji yamamotoのそのドレスは

真っ黒い紙に

ペンで1つ穴をあけて

そこから入りこむ光が

まぶしく際立つ感じ。

と夫は話していました。


安藤忠雄の光の教会みたいです。


闇が見せるわずかな光は
美しい

光の教会_安藤忠雄



私はYohji yamamotoの服は着たことはなく、

シャネルの美の世界が好きですが

ここ最近は、なぜだか

闇を知ることにも意識が向いてしまいます。



闇の中に光が差し込んだときに見える美は

圧倒的に美しいのかもしれない


そしてきっと、

ダークサイドに落ちた人の心は

繊細な美しさを秘めているのかもしれない。

(スターウォーズに影響)


ロック音楽とかもそんな感じがします。



もし、心が不安定になっても


そこにはきっと

すごーく繊細で、純粋な心があって


ちょうど闇に穴が空いて

光が差し込むときみたいに

圧倒的な美の世界が見える


もしくは、

その人がほかの誰かに

光を照らす時があるかもしれない。


努力や葛藤の先の達成感とか

絶望や失意の先の喜びとか


生きることを表現し続けることで

それは繰り返していく


光と闇って、きっとそういう関係

ある音楽のクリエイターさんに作った資料


"生きるということを表現する"


太陽はいつも惜しみなく

私たちを照らしてくれてる


惜しみなく、毎日


夜でさえ、月は輝き

心のリズムを教えてくれる


私たちはいつだって照らされていて

生かされてここにいる


だから、生きることを表現し

みずからも輝いていくことができるはず。


MAMI

✨✨✨

そおいえば、

私の父の名前は正照さんだ☀️🌕🌠