こどものように、RIDE ON


それは夢なのか

起きたてのぼんやりとした中で


自分が鳥になり

そして飛び立つ瞬間を

イメージで見ました。


そのとき

右側から鳥を見ている人たちは、

「鳥が飛んでいる」

と認識して見ていました。


だけど、

左側から見た私自身の感じでは

何かに「乗ろっと♪」

という鳥になった自分の意識を感じていました。




つまり


人は鳥が「飛んでいる」と認識し


鳥からしてみれば

何かに「乗っている」感覚


だとしたら


ぼんやり考えてみて



あーーそうか


鳥が水に浮いているのも同じで

人の脳は、水に「浮いている」と認識し、

鳥からすると「乗ってる」だけなのかもしれない。



人も経験とかチャンスやらを

乗り物に「乗る」と例えたら

どうだろう。少し視点が違いそう。



長距離を飛ぶ鳥なんかは

飛行中に寝れるらしいです。


目的地が明確ならば

あとは無意識でもそこに着いちゃう。



あなたはこれから

どんな乗り物に乗りますか?


ここは体験するワンダーランド


「ロケット」か「円盤」みたいな

未知の乗り物が現れた時には、

地上的な荷物を全部置いていく覚悟が必要かもしれない。


人は「体験」するために生まれてきるし

「目的地」へ向かうために生きていたりもするから

乗り物に乗らないままでは、景色はあんまり変わらない。


こどものように、ピュアな心で

新しい乗り物 (経験や挑戦) に


RIDE ON