MAMI / 01 / CHANGES IN THE TIMES

The role of the work of the day

Philosophy / Thinking






This video is being recorded so that those working with a belief in the possibilities of the future, and for those who will live 100 years from now, understand the present. It is a video work for the future that contains and takes a unique perspective on the changes in the world and our sensibilities as we live in the present.



The Change of the Times

The many of the rules our society created made over the past generations are not suitable for the current era, and are preventing us from keeping up with the speed of change. There will come a time when we will have deal with this problem.

We are currently facing a number problems next age, which will begin on December 22, 2020. The same is true for me.

During the three months since January 2020, as I moved around Europe and the coronavirus spread around the world, I felt a sense of healing from things and ideas that we have valued throughout history. What is left after Goethe's literature, the Bauhaus, Leica, Hildegard von Bingen, and the vacuum of war.

As we enter the new era, I believe that it is important what we cherish that which we have kept with us over the ages.




この動画は、未来の可能性を信じて挑戦している人、そして100年後を生きる人々に、「今」を知っていただくためにレコーディングを続けています。今を体験している私たちが、どんな変化の中を生きていて、どんな知覚の変化を感じているのかを、独自の考察を交えて収録した未来へ向けた映像作品です。



時代の変化

これまでの時代に作られた数々の社会のルールは、新しい時代に適応しないものが多くなっており、時代のスピードに対して足かせとなっています。私たちはその問題に対していつか向き合わなければいけない時期がくるでしょう。

2020年の12月22日から始まる風の時代を前に、今、私たちは様々な問題に向き合わされています。私も同じです。2020年1月から3ヶ月間、ちょうどコロナウイルスが世界中に広がっていくタイミングと同時期にヨーロッパ各地を移動していた中で私が感じてきたことは、「長く残されてきたものへの癒し」でした。ゲーテの文学、バウハウス、ライカ、Hildegard von Bingen、戦争の空白期間を超えても尚残るものとは。

私は新しい時代を迎える直前だからこそ、逆に、長く大切に残されるものとは何なのかを改めて考えています。



Narrator by Mami Grace Osada

Please make an inquiry if there are any problems with the content shown on this page.